FC2ブログ
minamo flyfishing report
北海道のフライフィッシング
F。冬虹。
20081006

そこは、真っ白な世界に空いた、暗い黒いどこまでも深い世界。フラフラになって、雪の中。
歩いて歩いて、股関節に、乳酸が溜まり、いつでもしゃがみこんで眠れそうな時。開けた真っ白な大雪原に空いた水面。17メートルほど、向こう。近づきたいが、足元はもう、湖の上のよう・・・ジワッと、ソレルブーツに水面が襲い掛かる。息は白く、頭からも湯気のような白煙。白煙のような湯気・・・?8番ロッドに、とりあえずのライン。なんでもいい。届けば・・・15フィート4Xのリーダー。さらに3フィートの4Xティペット。結び目に、小さなショット。そして、オリーブなフライを付けて、氷上を転がすように、キャスト。暗い世界へ、フライを落とす。5秒ほど待った。スゥーっと、ロングなスローリトリーブ。トマル!ガイドが凍った・・・?ラインが氷に掛かった・・・?いや、命の躍動が伝わる。何かが、凍りついたシステムをすべて引っ張っている。氷の角に、ショットが掛かり、上がらない。何度か、ロールキャストのようなことをして、ショットが外れた瞬間に、ラインを引く。冬の虹が見えたような気がした・・・
スポンサーサイト



copyright © 2005 minamo flyfishing report all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.