minamo flyfishing report
北海道のフライフィッシング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雨です。
20090727
日本中が雨です。
大変な被害も・・・
頭を抱えている時に出会った写真。
鱒の助先生の撮った、なんかすべてが凝縮されているようなシーン。
あきらめずに、また明日。
先生、勝手に写真を使わせて頂きました。
ごめんなさい。
スポンサーサイト
近代ルアーフィッシング!
20090723a
ここしばらくは、本格的にルアーフィッシングというものをやっていなかった。子供たちと釣りに行くか、年に数度、ちょっとしたコーチィングの為に、ロッドを振る程度。然別湖特別解禁に携わってから、随分と勉強をさせてもらったが、間近で、じっくりと見させてもらったのは初めてであった。名古屋からお越しのMОさん。素敵な名古屋のタックルショップ「ナチュラリスト」のお客さん。ショップオーナーの毛利さんより「川で、いい虹鱒を。」と頼まれてしまった。魚のいるところには、何とかお連れできると思うのだが・・・隠れての猛特訓!昔とったキネズミで、そこそこに?雨による増水の為、小さな川でしか、釣りができなかったので、ロッドを振らずに、ガイドに徹してみた。MОさん、キャリアは短いと聞いていたが、なかなか惚れ惚れとするキャスト&ロッドアクションを見せてくれた。そして、ヒット!ナイス!走る魚を追うMОさん。
[近代ルアーフィッシング!]の続きを読む
2009・然別湖ファーストステージ。
20090712a
「レイクサイドカフェ」ファーストステージが無事、閉店となりました。
日焼けをされた方、雨に打たれた方、釣れなかった方も、もちろん、釣れた方も、たくさんのご来店ありがとうございました。本当に感謝を致します。セカンドステージの開店は、9月25日からになります。再び、スタッフ一同、皆様のご来店をお待ちしています。
[2009・然別湖ファーストステージ。]の続きを読む
ナキウサギ。
20090708
グレートフィッシングの舞台になっている然別湖。その南岸(1の湾、ウグイス湾、音更湾、禁漁だが枯沢湾など)の岩場には、ナキウサギが棲息している。もっと、標高の高い山の岩場では、比較的多く住んでいるかわいい動物なのだが、標高800メートルあたりでは、貴重な生き物である。もう、25年くらい、そのような山や然別湖周辺で、鳴き声はもちろん、その姿をたくさん見てはいるのだが、うまくいって、5メートル(頑張ってじっとしていると)、たいがいは、10メートル以上も離れていて、このような表情までは、わからない。ある湾で、釣り終わり、腰を下ろして、ロッドなどを片付けていたら、すぐ後ろで「キキッ!」とも「チチッ!」(違うな・・・)とも感じる鳴き声。後ろを振り向き5メートルほど先を見る。いない・・・。ところが、もっと近い2メートルほどのところに、ナキウサギがいて、こちらを見ている。
しかもなんと、寄ってくる。1メートル後ろで、じっとこちらを見てる。「あんた、なにやってるの?釣り?もっとちゃんと釣りなさいよ!へたね!」と言われた。たぶん、まちがいない・・・。腰をひねりながら、バカチョンデジタルで撮った写真は、ほとんど手ぶれていた。まあ、いいか・・・ナキウサギの皆さん、新参者ですが、然別湖で釣りをさせてもらっています。これからもよろしく。
ファーストステージ、後5日間。
20090707b
N君が釣り上げた、然別湖・音更湾の50センチオスのレインボー。
お見事!
[ファーストステージ、後5日間。]の続きを読む
「釣り旅 北海道・改訂版」
20090702b
タイトルの話は、追記で。
Nさんと戦っていたレインボー。50センチの素晴らしいオス。あまりに美しい!
アップの写真は、いつか必ず。Nさんもレインボーもナイスファイトでした。
5番ロッド、フローティングライン、リーダー12ft2x。ビーズヘッドブラックニンフ。
おめでとうございます。
[「釣り旅 北海道・改訂版」]の続きを読む
2009・センブリ。
20090701a
6月26日然別湖。
毎年、十勝川本流目指して来られる、関西のN君。
ところが、この間の大雨で、本流も支流も釣りにならず・・・
しかし、鹿追町には、然別湖があるのだ。山奥深くの自然湖は、まずは大丈夫。
しかも、ドライレインボーのいい時季。今年初めての「センブリ」も飛び立っていた。
いい感じかも!
[2009・センブリ。]の続きを読む
copyright © 2005 minamo flyfishing report all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。