minamo flyfishing report
北海道のフライフィッシング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
強風でも、穏やかでも・・・
20130131a
発掘作業も終わり、風の影響を受けにくい小型テントを4つ並べ繋いで、いざフィッシング。20130131b
すごい状況の中の写真が無く、これは翌日のおだやかバージョン。20130131c
「ザ・フィッシング」でおなじみの村越正海さんも、強風&穏やかを初体験。正海さん釣り日記でも紹介されている。20130131d
長野からのOさんが、氷上雪締めうどんを作る。
本来なら、たくさんの人がいた土日にやる予定だったが、大嵐の為出来ずにいた。
残った方々は、とってもラッキー!20130131e
同じ場所とは思えない穏やかな網走湖湖上で、のんびりと遊ぶ、獏さんと正海さん。
参加していただいた方々のご協力で、無事終わりました。
強風も想定内でしたので、いいハプニングになりました。
ご協力を頂いた網走観光協会の皆様、宴会などをセットして頂いた「輪」さん、
お世話になりました。またまた、宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
テント、崩壊!
20130130a
その突風は、日曜日の朝に。
早朝組が現場に着いた朝7時くらいには、立っていたらしい。
とても、釣りにならないので、戻り。
8時過ぎに、空港お迎えがあったので、横を通ると、すでにペチャンコ。
応急処置を施し、ホテルで作戦会議。
お昼くらいに現場に戻る。
つぶれたテントの前で、お茶目なふたり。
小説家・夢枕獏さんと絵本作家・村上康成さん。20130130b
そして、全員で発掘作業。
ほぼ、荷物は回収。
風上側の補強ロープは、見事に千切れていた。
おそるべし大自然。
美味しい!
20130123a
友人にケーキ作りのプロがいる。
関西で、お店を営み、あの大震災からも復活し、そして今は隠居。
でも今年、再び伝説の「チェリーボンボン」を復活!
販売目的ではなく、私たち友人の為に・・・20130123b
「イングリッシュ・プラムケーキ」とともに贈られてきた「チェリーボンボン」。
「食べごろは、まだですよ。」とメッセージが入っていたので、昨日開けた。
*日本産のチェリーを、ちょっといいブランデーに数ヶ月漬け込み、ホンダン(砂糖)、こだわりチョコを付け、チェリーにしみ込んだブランデーとホンダンが混ざり合うのをじ~っとじ~っと待つとこうなります。*
との説明。いやいや、ぶっ飛びました。
美味しい!Hiroやん!ありがとうございました。
冬・最大のイベント。
20130122a
毎年恒例、関東などからのゲストとともに、網走へ。
ワカサギ釣りもするのだが、湖上でも、網走歓楽街?でも
昼夜を問わず、新年会。20130122b
寒くても、景色を堪能しつつ、釣る時は釣る。
テントは、あくまでもキッチン。20130122c
「できたよ~!」の声で、ゾロゾロとテントに集合。
熱いワカサギから揚げや鹿肉の入ったシチュウなどをほおばる。
メインアルコールは、ホットワイン。
さてさて、準備ですよ。
新年会・・・?
20130121a
恒例となっていた、新年会。
ただしその内容は、半年も前から構想を練っていた
Z先輩の「祝・還暦サプライズパーティー」!
まだこの写真は、新年会。20130121b
この後、会場が暗くなり、隠れていたシークレットメンバーが
クラッカーを鳴らし、登場!
一気にクライマックスへ。
Z先輩、これからもよろしく!
Y.M.O.の幸宏さん。
20130110
昨年9月、イエローマジックオーケストラの高橋幸宏さんと川を歩いた。
とても静かで、フライフィッシング大好きな方。
とても楽しい日々をおくらせてもらいました。
その時の1部が、ビデオクリップとなって、水面ホームページにて公開です。
幸宏さん、ありがとうございます。
(この写真は、幸宏さんのFaceBookから、お借りいたしました。)
ムービーはこちらから。
2013年元旦。
20130101
あっという間に過ぎた2012年でした。
本当に皆様のおかげです。
2013年、11年目の水面。
さらに初心に帰り、頑張っていきます。
よろしくお願い致します。
copyright © 2005 minamo flyfishing report all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。