minamo flyfishing report
北海道のフライフィッシング
12月の暖かい日。
20081217a
通常、12月のフライフィッシングは、ガイドに付く氷と鼻水との戦いなのだが。前半の1週間ほど最低気温でもプラスという、不思議な現象となる。これが地球温暖化というものか・・・気にするべき現象である。が、気にしつつも、釣りに行ってしまった。
20081217b
以前にもご報告した「とある水際」。9ft6inch8番ロッドにタイプⅢのシューティングヘッド。10センチほどもあるラビットファーのストリーマー。5~6メートルも沈めたろうか?リトリーブを開始してすぐに、強烈に押さえ込まれ、リールからラインが引き出される。1時間ほど前に、巨大な鯉の鱗がフックに掛かって上がってきていた。これはもう、巨大鯉のスレ掛かり?だと。困った!これは上がらんかも・・・ほぼ同時に、友人のロッドに70クラスのイトウがヒット!水面近くでのヒットで、すぐにイトウとわかる。さて問題は「こいつ」だ。上がって鯉!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 minamo flyfishing report all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.