minamo flyfishing report
北海道のフライフィッシング
然別湖の釣り。
20090608
然別湖のミヤベイワナ、「ブラウンバック」。これは、少し緑かかってきているかも・・・
(Photo by Takaaki Tabata)
背中の色が、茶色っぽいので「ブラウンバック」。背中の色が、緑っぽいので「グリーンバック」。そして「ブルーバック」背中が青いぞ。これは、ひょっとしたら、3種類のミヤベイワナが然別湖にいるのか?な?と。いえいえ、まだ、断言は出来ませんが、1匹のミヤベイワナでも、時季や泳ぎ回る水深によって、体色を変えていくのだというかなり有望な説があります。魚たちは、鳥などから、身を守るために、体色を微妙に変えます。目から、周りの状況を把握して、出来る限りの保護色に体の色を変えていくそうです。ではなぜ?然別湖が5月下旬に解氷し、6月の中旬くらいの解禁初期までは、透明度もあまり良くなく(注入河川の雪代水やプランクトンの発生によると思われる)表面水温が、8~12℃くらいの時、ミヤベイワナたちは水深0~20メートルまで、どこでも快適にすごせる状況のようです。当然、餌の多い0~5メートルあたりに集まっています。水の色、上から透き通せる範囲の湖底の色は、茶色っぽいです。当然、「ブラウンバック」になります。然別湖には、とても目のいい「ミサゴ」がいます。狙われないためにもこの時季は、ブラウンバックになって、餌をバクバクと食べたいのでしょう。次回は、「グリーンバック」に。最終章は「ブルーバック」に行きましょう。明日は、なぜか「Be-pal」取材。
コメント
この記事へのコメント
両生類!?
>水深0~20メートル・・・。

水深0メートルにいるオショロコマって、肺呼吸ができるオショロコマ!?v-12
2009/06/12 (金) 17:51:47 | URL | ヨッシー #9L.cY0cg[ 編集]
そうよ。
あの大きな胸鰭で、水面の上を歩いて、餌をパクパク!こら!?水面に落ちている昆虫を狙って、ライズもあり、ドライでも釣れてますよ。ピックアップ寸前のルアーにも、追ってきて水面を割って、パクっとする時もあるのよ。なかなか!遊びにおいでよ。ところで、Beーpalさん行った?
2009/06/12 (金) 18:25:36 | URL | minamo #SwtYiH2I[ 編集]
なるほど!
確かにライズしている魚は水深0mですね。

ビーパルさん黄昏ていきましたよ。
2009/06/17 (水) 18:11:26 | URL | ヨッシー #9L.cY0cg[ 編集]
ありがとう。
お疲れ様。
2009/06/18 (木) 10:20:58 | URL | minamo #SwtYiH2I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 minamo flyfishing report all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.