minamo flyfishing report
北海道のフライフィッシング
チャムサーモンです。
20091018
多分、今年最後の忠類川釣行になるであろう。友人たちと、今年のサケは厳しいとの状況とのもとで、忠類川に入った。上から下まで、じっくりとサケを探す。たしかに、少ないといえば少ない。とっても・・・はは。でも、いるのはいる、7~80センチクラスの釣ってもいいサケが川にいる。大きな瀬の中に、大きな魚体を見つける。浅いところ、木々の陰の中に、しっかりと潜んでいた。岸から5メートル足らずである。後ろを、ベテラン風のフライマンが上流を目指していた。「下流はどうでしたか?」と声をかけた。「いやーぜんぜんいない!このエリアに100本くらいしかいない!これじゃ、釣れんわ。」100本もいるの?頑張らなきゃ!見つけていたサケに、フライをプレゼント。ありがとう!遊んでくれて。上流から、ベテラン風フライマンが下りてきた。「上はどうでしたか?」と声をかけた。「何にもいない。」100本いるなら、私は100本釣りますよ。自然ですから、いつも自分のパターンでというわけにはいかない。2009年も楽しませてもらいました。忠類川スタッフの皆様、ありがとうございます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 minamo flyfishing report all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.