minamo flyfishing report
北海道のフライフィッシング
2009・11・30
20091201b
11月29・30日と2009年ラストチャンス朱鞠内湖を体験してきた。29日は、お二人のゲストとともに「魚鬼」を狙ってみたものの、美しいアメマスが遊んでくれた、のみだった。この時季の朱鞠内湖としては、穏やかな日。それはそれで、楽しい釣りなのだ。しかし、11月中旬からの、水位アップから、「魚鬼」の岸よりが、少ないような気がする。まあ、これも釣り。最後になってポツポツと「魚鬼」の魚信が、陸っぱりでも聞かれるようになった。朱鞠の中野君が、「もう1週間解禁を延ばしたいです。」と言っていた。わかるような気がする。釣り場管理って、大変だものね。頑張ってください。力不足ですが、できるだけ協力しますよ。
20091201a
最終日は、一人ボートで、なかなか探れなかったポイントを回る。微妙に陸っぱりの出来ないところを、ボートからのキャスト&リトリーブを繰り返す。通称「地雷原野」と呼ばれる切り株がいっぱい沈んでいるポイントで、40アップサクラマス。いいファイターだった。そして、ちょっと上がった浮島の大好きなポイントでいいサイズのアメマス。もう帰ろうと思って、通過しようとしたウサギ島。鏡のような湖面に、ワカサギの浮上を見つける。ボートからの慎重なオーバーヘッドキャスト。3メートルほどフライを沈め、小刻みなスローリトリーブ。押さえ込むあたりと首振り。「魚鬼」が掛かった。60センチクラス。「朱鞠イトウ」としては、まだまだ若い。ボート際、なぜか、何も考えずに、フックをはずした。ゆっくりと濃いオリーブ色の湖に、スーッと潜っていく若い「魚鬼」。また、来年。ありがとうございました。13ft6inch 7/8 ブルーブラッド ヨーロピアンスペイ。ビルバランサーモン。デルタシューティング8/9ファーストシンクインターミディエイト。12ftタイプⅢシンキングリーダー。12ft0xリーダー。オリーブマラブーストリーマー。オーバーヘッドキャストおよび、へたっぴーなスペイキャストによる。
コメント
この記事へのコメント
ご心配おかけしました・・
お世話になりました
腰痛は風邪の初期症状だったようです・・
ようやく復活しました
今年最後のチャレンジで「朱鞠魚鬼」さんに再会できてよかったです
2009/12/01 (火) 20:20:24 | URL | Bush Hat #ePIYzgVs[ 編集]
最後には・・・
きちっとヤッちゃってくれますね。お疲れでした朱鞠内。
さあ「ご苦労さんの打ち上げ宴会」ですね。
2009/12/01 (火) 21:30:52 | URL | 鱒の助 #-[ 編集]
ラストチャンス・・・
お疲れ様でした。
オリーブマラブーストリーマーは例のコテージフライですよね?

以前から行きたかった、朱鞠内湖。
楽しかったグレートフィンシングツアー!
来年も、お世話になります!!
2009/12/01 (火) 21:58:27 | URL | 渓人 #-[ 編集]
皆様お疲れ様でした。
鱒の助先生、天気が良ければ、もう1ヶ所の近場水溜りフィールドリサーチ、いかがですか?B.H.さん、良くなりましたか?辛そうだったものね。また、遊びましょう。渓人さん、初魚鬼、まだまだチャンスはありますよ。
2009/12/02 (水) 09:39:06 | URL | minamo #SwtYiH2I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 minamo flyfishing report all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.