minamo flyfishing report
北海道のフライフィッシング
解禁16日目。日曜日。
20110619a
そろそろ、ミヤベイワナが深く潜行し始めた。表面水温14~15℃。(風向きや場所による)
水深5メートルでは、12℃。ルアーで苦戦される方も、ポツポツと見受けられるようになってきた。
レインボーを狙うなら、1日1~3本しか釣れないのを覚悟して(うまくいってです。0本もあり)
岸際や駆け上がり、水深1~5メートルで、ワカサギミノーやスプーンで、狙うこと。
サクラマスも同様かと思う。ミヤベイワナは、湖中央水深3~8メートルで、10~15gのルアーを使ったフィッシングが、功を奏しているよう。
20110619b
9時から、11時くらいまで、1の湾で、試してみた。
ポイントは、桟橋左の取水口沖、50~100メートル。水深3~8メートルを狙う。最初5gスプーンで、狙ってみたが、風もあり、なかなか沈めれない。7g、ブレイドシェル・シルバーピンクを使用してみる。
ロングキャスト、フリーカウントダウン30秒。少しテンションをかけながら、次はラインを沈める。
スローリーリングとストップ&フリーカウントダウンを繰り返し、水深5メートルあたりを探る。
アタックは、10回ほど。ランディングが7本。4本のグリーンバックとグリーンがかったブラウン2本。
20センチくらいの可愛いブルーバックも釣れた。
やはり、じっくりとポイントを探し(重たいルアーで、30メートル~ラインを出し、ゆっくりとトローリングし、アタリがあったところで、キャスティング)、しっかりとタナを探るのが、釣果に結びつきそう。
カウントダウンも我慢。スローリーリングも我慢。アクションは、ロッドで・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 minamo flyfishing report all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.